大人ニキビにピーリング石鹸

大人ニキビにピーリング石鹸

大人ニキビの炎症が治まっているなら

 

ピーリングを試してみませんか?

 

少し前まで、ピーリングはエステや美容皮膚科で受けるもの。
そんなイメージがありました。
でも今では、自宅で出来るピーリングがたくさん売られ、一般化してきていますよ。

 

そもそもピーリングとは、古くなった角質を取り除き肌の再生を促すものです。
ゴマージュという小さな粒子で肌の表面を擦り、余分な角質を取り除く方法もピーリングに含まれます。

 

スクラブ洗顔って聞いたことありませんか?ゴマージュは別名「スクラブ」。
洗顔料の中にザラザラした粒子が含まれていて、洗顔した時にお肌を擦るわけです。
角質を取るという意味においては、効果があります。
でも、肌を傷めてしまうリスクもあるし、シミの原因になりかねません。

 

 

他に「ピーリング剤」を使うピーリングもあります。
顔の皮を溶かす作用のある「酸」を使い、厚くなった角質を剥がす方法です。
俗にいう「ケミカルピーリング」。今では一般的に「ピーリング」とは「ケミカルピーリング」をいいます。

ピーリングをする理由

肌の表面の角質層は正常なターンオーバーが行われなくなると、角質が厚くなります。
これを角質肥厚といい、ニキビが出来る原因です。

 

ターンオーバー、古い細胞と新しい細胞の入れ替わりは、正常なサイクルで28日かかります。
でも、老化やホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、ストレスなどでターンオーバーが遅れてしまいます。

 

本来なら28日で垢となって剥がれ落ちないといけないのに、ひつこく肌にあると、当然下から上がってくる細胞で、角質が厚くなるというのは、想像できますよね。それをピーリングを使うことによって、古い角質を剥がし、ターンオーバーのサイクルを正常に戻すことが狙いです。

ピーリングの効果

ターンオーバーが遅れている状態では、表皮の中でも角質層が厚くなります。
一方、角質層以下の表皮は薄くなってしまいます。

 

古い細胞が剥がれず表面に残っているということは、垢と一緒に排泄されるはずのメラニン色素も残っているというといこと。シミやニキビが出来やすい状態です。
それに、肌が硬くなって乾燥。たるみやシワができてしまいます。

 

そこでピーリングを使って古い角質層を剥がし、新陳代謝が活発化させるのです。
細胞はどんどん生まれ変わり、お肌は若返ります。

ケミカルピーリングの薬剤

主に2種類に分かれます。
1・水溶性(AHA)
2・油溶性(BHA)

 

1・水溶性(AHA)
フルーツ酸やグリコール酸、乳酸など。
市販されているピーリングコスメに入っているものです。

 

2・油溶性(BHA)
サリチル酸。
薬事法で市販品には0.2%しか配合できない決まりです。
この濃度ではピーリング効果が得られないから、施術してくれるサロンもほとんどありません。
美容皮膚科などの専門医が治療に使うBHAの濃度は、肌の状態に合わせて慎重に決められます。

大人ニキビ,ピーリング石鹸

・ピーリング石鹸
・ピーリングジェル
・ピーリングローション
・ピーリングパック

 

などがありますが、大人ニキビのあなたにはピーリング石鹸がオススメ。
剥がれた角質と一緒に、肌に残っているピーリング剤も洗い流せますからね。
一般的には刺激が少ないという理由からです。

 

 

オススメのピーリング石鹸
ニキビケアの秘密★
クチコミで大人気のピーリング石鹸♪